メリメロカロン

リアルで言えないならブログに書けばいいじゃない。内容ごちゃまぜブログ。

何を言うかじゃなくて、誰が言うかが大切だったんだ。

やらかした。

f:id:charon-bebe:20170417194143j:plain

ぱくたそ様より拝借

まだ義務教育を受けていた頃、クラスの学級会で話し合いをしていました。
テーマはグループ化しているとかなんとか、ありがちな話です。
(よく考えたら大人の社会だってそうだし、グループ化なんて当たり前なのですが。)

で!そこで!学級会を白けさせてしまいました。
あろうことか、当時村人Bである自覚がなかった私は、学級会で発言をしてしまいました。
で、その場が思いっきり白けてました。
今こう書いていてももう恥ずかしい(;∀;)

周囲の人は
お前が言うなって思っていたと思います。
「は?」という言葉がピッタリです。
あの空気は忘れられない…。

クラスで人気のある、もっと影響力のある子が言えば、空気が違うものになったかもしれません。
対して存在感がなく、説得力がない私が何を言ったところで「痛いヤツ」と思われて終わりです。
例えその主張が正しかったとしても。

当時の私はそこに気が付かなかった。
KYです。KYKYKYKYKYKYKYKY!空気が読めませんでした。
スリッパで頭スパーーーーンとひっぱたきたい。

大人になってからやっとこさ気がついたことは、

人は案外人の言っていることは重視しておらず、誰が言っているか

を重視しているということです。

例えば小学生男子ウ○コ問題。
学校でウ○コをするのが恥ずかしくて、男子トイレも全て個室にする、という自治体もあるそうです。
クラスで人気のある明るい男の子が「ちょっとウ○コしてくるわ」と言えば、「あ、ウ○コしていいのか」という空気が出来上がるかもしれません。
クールだけどかっこ良くて人気の子はそれがどう出るか分からないけれど、村人Bタイプの子が言ってもまず「学校ウ○コ解禁」という空気にはならないでしょう。
(排泄をするのは人間として普通のことなので、我慢しないでして欲しいです。)

その他にも、ちょっとしたグループのなんでもない会話でも、影響力のある人とない人の発言では、受け入れられ度に差があると思います。
FacebookとかTwitterなどのSNSでも、その情報の発信者が誰なのかで信用度が変わってくるんじゃないかなー。

集団というのはそういうものなのだと思いますし、私自身も無意識にやっています。
ここをどうにかしたいと思ってもそんなのは無理ですので、
昔の私がやるべきだったことは、クラスという集団の中での自分の立ち位置をしっかりと把握し、
「今、私は発言しないほうがいいな」
「ここは黙っていよう」
という判断をすることでした。
もし誰かが建設的な意見を出してくれたら「それいいね」と相槌を打つ役割を担うのもありだったかもしれません。

なんでこんな当たり前のことに気が付かなかったのかなぁ。

でも、それでも、人の言っていることをしっかりと聴いて、言ってることが正しかったら「正しい」、面白かったら「面白い」とちゃんと判断出来るようにはなりたいです。
(発言と行動に一貫性がない人の場合は聞こえなかったフリしていいと思います。)

言い訳がましくなりますが、最後に村人Bが発言すること=悪いと言っているのではないということを主張しておきます。

それでは、ごきげんよう

私は村人Bです。

ホメラレモセズ クニモサレズ ト イウヨリ、ソンナニキニサレテマセン

f:id:charon-bebe:20170409195258j:plain

人間は社会的動物であると、昔の偉い人は言っていたそうです。

素っ裸の人間を自然界にほっぽりだしたら、あっという間に死んでしまいそうなので、生物としてはそんなに強い方ではないのでしょう。
そこで社会という集団を作ることでここまで発展してきたと考えられます。

集団の中に当然存在するもの、ルール・道徳、その他諸々…あとヒエラルキーです。

このブログのプロフィール欄にも、「主役に憧れる永遠の村人Bです。」と書いてありますが、
こんな文章をわざわざ書いているのは、私が生きてきて何よりヒエラルキーというものに右の頬と左の頬を殴られてきたからなのだと思います。

初めて世の中には「そういうもの」が存在していると感じたのは、幼稚園児の頃だったと記憶しています。
当時はもちろんヒエラルキーという言葉は知りませんから、言葉には出来ませんが嫌な気持ちになったのでしょう。
ある程度語彙が増えて大人になって、今まで感じてきたモヤモヤとしてきたものはヒエラルキーだったんだと言語化出来るようになったわけです。

 

集団は空気を作る人・リーダー・影響力を持つ人・決定権を持つ人・サポーター・天然のフリした計算高い女、などなど色々な役割から構成されています。

その中で、私はどういう役割にいることが多いだろうかとふと考えてみたわけです。
もし普段生活している世の中が劇だったとしたら、私は間違いなく主役ではないし、準主役でもなく、キーポイントになる脇役でもない、そこで思いついた役名が「村人B」でした。
我ながらピッタリでニヤニヤします。

村人Bは脇役の脇役である役のことで、セリフが「そうだよそうだよ」ぐらいしかなさそうな役柄のことです。
構成員であることは間違いないですが、ヒエラルキーでは下の方で、存在としては……です。
(言葉にすると辛いので省略します。)

思いっきり私定義ですが、村人Bタイプの特徴は
・集合写真では端っこになりがち
・女性の場合、セーラームーンごっこではジュピター役だった
・プリクラなどで写っている人に名前を書く時に、名前を赤やピンクなどで書かれず、青・緑・紫などで書かれる
・クラスのグループ分けが辛かった
といった感じです。

というか私の実体験です。

同じような経験をしている人、仲良く出来るかも!笑

 

現在ではスクールカーストという言葉もありますが、ヒエラルキーのピラミッドも頂点にいくほど(主役になるほど)人数が少なくなっているので、
村人Bタイプの方が人数が多いのは当たり前のことではあります。
主役になれる人は本当に一握り。

ただ、私もセーラームーン役をやってみたかったし、プリクラでピンクで名前を書いてもらいたかった。
ただ、主役に憧れているだけです。

 

こうやって昔の自分を振り返るのは辛い面もありますが、書いてみてすっきりしました。

それでは、ごきげんよう

お気に入り文房具*ZEBRA SARASA CLIP

ゼブラ サラサクリップ( ZEBRA SARASA CLIP)がお気に入り

f:id:charon-bebe:20160909155405j:plain

サラサクリップは色が綺麗だし書きやすい。
黄色も白い紙に書いてもちゃんと黄色って分かるレベルの濃さです。

色は左から

  • レッドオレンジ
  • ライトグリーン
  • ビリジアン
  • ブルーグリーン
  • ライトブルー
  • コバルトブルー
  • マゼンタ
  • ピンク
  • ミルクレッド
  • ライトピンク

つい全色集めたくなりますが、さすがに全色は使わないから我慢します。

* 全て0.5mm

f:id:charon-bebe:20160909160526j:plain

0.4mmも数本持ってますが、0.4mmはPILOTのHI-TEC-C(coleto・maica)を使ってます。
なんとなーく分かれてます。

* ピンク系

f:id:charon-bebe:20160909160320j:plain

ピンク系も濃いものから薄いものまであって良いです。
とっても可愛い。

 

f:id:charon-bebe:20160909160714j:plain

改めて並べてみると、いやー綺麗だなー。