読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メリメロカロン

リアルで言えないならブログに書けばいいじゃない。内容ごちゃまぜブログ。

読書記録:「ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った」堀江 貴文著

ボク ホリエモン どこでもライブドア~~( 波田陽区さんのネタより ) 本当に、こういうネタがありました。 「ネットがつながらなかったので(省略)」は、堀江貴文さんが刑務所で読んだ本の中から厳選した本の書評集です。 刑務所の中は「強制情弱状態」なので…

読書記録:「ちょっとだけ」瀧村 有子 作・鈴木 永子 絵

「抱きしめる、という会話」っていうCMあったなぁ 「なっちゃん」という女の子のお家に、ある日赤ちゃんがやってきます。 赤ちゃんのお世話で忙しそうなお母さんを見て、なっちゃんは今までお母さんにやってもらっていたことを「ちょっとだけ」自分でやって…

読書記録まとめ (未完成)

読書記録記事をまとめたものです。数年前に読んだ本なども記録しています。内容はぼんやりとしか覚えていない本もありますが、タイトルをメモしたということは面白かったのだと思います。(そこまで面白いわけじゃない本もあります。) 図書館で使われている本…

短めな読書記録:「WBCに愛があった。」高代延博著

野球っていいなぁ! WBCの三塁ベースコーチを務めた高代コーチが書かれた、第2回WBCが終わった後に出版された本です。4年前くらいに読みました。 高代さんと言えば、腕をブンブン回す走塁支持で有名ですね。あと糸井選手の走塁を腹ばいになって止めたのは高…

短めな読書記録:「モダンガールのスヽメ」淺井カヨ著

「實際に昔へ行くことは叶ひませんから、殘ってゐる實物や資料から、少しでも生活を追體驗しようとしてゐるのです。」(本文より) Vice japanの「現代に生きるモガ」という動画を観て、淺井さんのことを知りました。 レトロなものが好きなので、モダン・ガー…

短めな読書記録:「うちの子が泣いてるワケ」

なーみーだの数だけーつーよーくなれるよぉぉぉぉぉ あるお父さんが息子さんがなぜ泣いているかを延々と投稿したブログ「Reasons My Son Is Crying」が元になっています。 色んなお子さんの泣いている理由が載っています。 「家で雨が降っていなかったから」…

読書記録:「気付くのが遅すぎて、」酒井順子著

酒井さんを知るのが遅すぎて、 酒井順子さんのエッセイ集、「気付くのが遅すぎて、」 酒井さんのエッセイは初めて読みましたが、めちゃめちゃ面白かったです。 私は夫婦別姓の必要性がいまいち分からないので、その点に関しては酒井さんとは異なりますが「あ…

短めな読書記録:「ワンワンワン 捨て犬たちの小さなおはなし」

「ワンワンワン ぼくはもう透明じゃない」(本文より) 図書館の児童コーナーで、とても素敵な絵本と出会いました。 この本は、タイトルの通り、捨て犬のお話です。 中でも、小さい頃は可愛がってもらったのに、大きくなって捨てられたリリィがおばあさんに貰…

大雑把な読書記録:「辞書に載らない日本語」

聴いたことない言葉だらけ。 タイトルの通り、辞書に載っていない日本語が載っている本です。この本読んだのは去年だったかな。 そんな言葉聴いたことないよって語が多くて新鮮でした。新語というか若者語が多いのかなーという印象です。 面白くて、好きな言…

ショート読書記録 : 「天才たちの日課」 メイソン・カリー著

「基本的に、僕はなんでも楽しむんだ。退屈することがない」アンリ・マティス (本文 p77より) 天才と言われた人々の、毎日の日課などがまとめられている。 朝型・夜型に分かれていて、本人にとって規則正しい生活を送っている。派手な生活をしている人はあま…

読書記録:世界毒舌大辞典

毒舌とは『しんらつな皮肉や悪口(を言うこと)』である。(新明解国語辞典第六版) 辞書のまんまです。毒舌とは~という良い感じのフレーズが思いつかず、引用しました。 成毛眞さんの本に「世界毒舌大辞典」という面白そうな本が紹介されていたので、早速読ん…