メリメロカロン

リアルで言えないならブログに書けばいいじゃない。内容ごちゃまぜブログ。

ほぼ日手帳2016発売日

この手帳をすすめてくれた人は、きっと、あなたが好き
(ほぼ日コピー大賞より)

f:id:charon-bebe:20150901212745j:plain

今日はほぼ日手帳2016の発売日です。
どこで出会ったか忘れてしまったけれど、今年でもう8年くらい使っているのかな。

ネットで検索すると出てくるような凄い使い方は全然してないですし、
別にほかの手帳でもいいんじゃない?とも思うのですが、なんだかこれを使いたいって思うんですよね。

素敵なコピーの通り、私もすすめるんだったら、絶対好きな人にすすめます。

世の中に売っている手帳は、どれもこれも手帳としての機能を十分に果たしているものだと思います。
その先にある何かで、みんな選ぶ手帳が違う。

ほぼ日の好きな「その先の何か」は、その日のページに書いてある言葉です。
言いまつがいのような笑えるものから、とても素敵な言葉が書いてあったりします。

一番ぐっときたのが、これです。

***

「なんでもない日、おめでとう」という言葉を、
かつて人々は、冗談として聞いたものだ。
しかし、王様も大金持ちも、鼠も孔雀も、恋人たちも、
いちばん欲しいのは、そんな日じゃないのかね。
(『セフティ・マッチ氏の焚火話』より)

***

私は「なんでもない日、おめでとう」という言葉が好きです。

先日ディズニー公式がツイートしてしまい炎上しましたね。
確かに、長崎原爆の日にツイートするのはいかがなものかと思います。

ふざけんなよこの野郎と言われても当然です。

でもふと思たことがあります。
こんなことは、私が戦争を経験していない若造だから言えることなのかもしれませんが、今戦争もなく平和に過ごせている「なんでもない日」は、とてつもなくありがたいものだと思います。
当たり前にあるものではないです。

SNSで毎朝「日々に感謝!」と言ってる方をちょっと白けた目で見てしまったこともあるのですが、その通りなのかもしれませんね

(解釈はいろいろあるべきですので、100%平和のことを「なんでもない日」と指しているとは思っていないです。他にも捉え方はいろいろとあると思います。)


私はこれからも、なんでもないことを手帳に書き続けます。

ではこのタイトルと内容がいまいち合っていないの記事を、素敵な言葉で締めましょう。

「なんでもない日、おめでとう」

広告を非表示にする