読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メリメロカロン

リアルで言えないならブログに書けばいいじゃない。内容ごちゃまぜブログ。

速記についての誤解

話すスピードで書けたらいいな。

f:id:charon-bebe:20151002164311j:plain

学生の頃から思っていたことなのですが、
講演会を聴いたり、テレビを観ている時に、内容をそのままメモしたいという欲求がありました。

内容の意味さえ覚えていれば問題ないけれど、
出来れば一言一句記録しておきたい。
私が自分の言葉に変換するのが苦手だからかもしれませんが…。

昔、テレビで速記というものを知り、話す内容をそのまま記録出来るの⁉ずごぉぉぉ!
と感動したのをよく覚えています。

しかし、速記の技術をマスターするのはハードルが高い。

一般人が日常生活で、出来るだけ記録できる量を増やすにはどうしたらいいのかなーなんて考えたりしていました。
そしていつの頃からか、小さい字でダーーーっと書いてあるのが正しいんだと思いました。
ほぼ日手帳のガイドブックとかを見ると、皆さん大体小さい字で綺麗に書いてありますので、
それがそれが羨ましくてしょうがなかったです。

私は字が汚いので………。
授業ノートとか汚くて、「これなんて書いてあるの?」「私も分からない」ということがしょっちゅうでした。

先日久々に速記のことを思い出し、
YouTubeで速記の動画を見てみました。

速記の技術にも惚れ惚れしましたが、驚いたのが字がデカいということです。
もっと小さく書いていくもんだと思っていました。

そしたら、先日読んだ「情報は1冊のノートにまとめなさい」にも同じようなことが書いてありました。

・ノートを広く使うと速く書ける

・速記の基本は大きな字で書くこと

目から鱗でしたね。
私の認識どれだけ間違ってるんだよと思いました。

ノートを広く使うと、後でコメントをかきたしたり出来ますし、
大きい字で書けば、走り書きした文字でも読み間違いが起きにくいそうです。

小さい字で綺麗に書ける人が羨ましいという気持ちもありますが、
私はデッカイ字でメモするぞー!

それでは、ごきげんよう。

広告を非表示にする