メリメロカロン

リアルで言えないならブログに書けばいいじゃない。内容ごちゃまぜブログ。

ヤッてる人は、ヤッてるんだよね

ヤッてる人は、ヤッている。

f:id:charon-bebe:20160222223127j:plain

陸上競技、特に100m走を見ていて不思議だったのが、
後半伸びるというのか、正しい表現が分からないけども、
半分過ぎたあたりからグワーーーっと加速していくことです。

あれなんでなんだろう?
と思っていたのですが、昨年のマツコの知らない世界武井壮さんが説明していた「ヤッてる理論」で解決しました。

こちらの記事を引用させていただきますが、選手は速く走るためにヤッていることがあります。

早く走るためには、自分の体重をいかにコントロールするかが大切であり、走り出しに大地を思い切り蹴るのは無意味であるという。それを、走り出し=ボーリングの球、中間スピード=野球のボール、トップスピード=ピンポン球に例えて解説した。

なるほどなるほど。
この方法で走ってるから、トップスピードで加速していくってことなんだと解釈しました。

ヤッてるヤッてる連呼でちょっと笑っちゃいましたが、
武井さんのおっしゃっていることには凄く納得しました。

お話も分かりやすくて賢い方なんですね。

 

ちょっと話は変わって、
スポーツでもなんでもそうですけど、ヤッてる人はヤッてるんですよね。

本当にそう。

ヤッてない人が色々言ってもさ、そんなのただの嫉妬だろうし、
ヤッてないくせに能書きだけ垂れるのがどれだけカッコ悪いことか知った方がいい。
(自分への戒め。)

それでは、ごきげんよう。

広告を非表示にする