メリメロカロン

リアルで言えないならブログに書けばいいじゃない。内容ごちゃまぜブログ。

大雑把な読書記録:「辞書に載らない日本語」

聴いたことない言葉だらけ。

f:id:charon-bebe:20160301235959j:plain

タイトルの通り、辞書に載っていない日本語が載っている本です。
この本読んだのは去年だったかな。

そんな言葉聴いたことないよって語が多くて新鮮でした。
新語というか若者語が多いのかなーという印象です。

面白くて、好きな言葉はメモリました。

生ハムメロン系
何を伝えたいのか分からないこと。
生ハムメロンがメロンを主としているのか、ハムを主としているのは分からないことから。

ブラワー
長い間使ったために、花のように開いてしまったブラシ。

コリーナ
腰が低く、謙虚な態度でペコペコお辞儀する人。

勘字
勘で書いた漢字。

お造り
無理して天然キャラを演じている女性。
同:養殖天然

恋卵(こいたま)
始まったばかりの恋。また恋を探している最中のこと。

インテグラ
結った髪の毛先が外側にはねる。
数学の積分記号「∫」から。

靴下浸水
大雨の日に、靴下までビショビショに濡れること。

 

巧みな表現にビックリ(笑)

え、使い方は「私の歯ブラシマジ ブラワーだし」とかでいいのかしら?
(おばちゃん自信がない)

勘字は大体間違ってますし、私の周りのにもお造りがいます。
恋卵なんて、かなり可愛らしい言葉ですね。

いやぁ、うまいなぁ。

真面目に読むよりは、ネタとして面白い本だと思いますよ。

 

後半、著名人が辞書に載せたい日本語を紹介しているコラムもありました。
ここも面白いです。

落語家の柳家花緑さんは「乙だね」という言葉を載せたいとおっしゃってましたね。

「乙だね」は、ちょっと変わったものに、面白さや新しさを感じた時に用いる言葉だそうです。
「粋だね」とは逆の意味になるのでしょう。

「粋だね」「乙だね」って良い言葉ですね。
こういった言葉を言われる+言える人になりたいものです。

それでは、ごきげんよう。

広告を非表示にする