読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メリメロカロン

リアルで言えないならブログに書けばいいじゃない。内容ごちゃまぜブログ。

スポーツを観る眼

スポーツは好きですが、ただ観る専門です。

f:id:charon-bebe:20160505234849j:plain

ワールドカップ、ブラジル大会開催中、テレビで現地の人のサッカーを観る眼について話している方がいました。

試合中、前に座っているサポーターが立ち上がって騒ぎ始めたので、「座って」と言ったら「今から流れが変わるから!」と言われたそうな。
しかも本当に、その後試合の流れが変わったらしい。

この話をしていたのはスポーツジャーナリストの方だったか、名前を忘れてしまいまして、内容も記憶違いがあるかもしれませんが、こういった内容のお話だったはず。
(座ってたというのがちょっと怪しいが…)

イギリス留学していた英語の先生が、サッカー観戦をするのに、危ないからサポーターが大人しいチームの観戦に行った方がいいとアドバイスされたという話も聴いたことがあります。
大人しいと言っても、日本と比べると全然大人しくなかったらしいので、日本とはサッカー熱が全く違うんでしょうね。
(歴史も違います。)

いやー、凄いわ。

日本の国技である相撲も、どのくらい前かは分かりませんが、昔は観客が力士の得意な型や技をちゃんと覚えていて、上手投げが得意な力士が上手を取ったら歓声が上がったそうです。
当時の人達は、今の人達より相撲を観る眼があったんですね。
娯楽が少なかったのもあるかもしれませんが。

相撲は毎場所ニュースだけはチェックしているレベルで、右四つなどの言葉もちゃんと理解していません。あぁ…。

ちょっと話は逸れますが、先場所白鵬関が立会いの変化を批判されていました。
これは彼がモンゴル人だから色々と言われているのではないということだけは分かって欲しいなと思います。
日本人の横綱が同じことしたって批判されますよ。

勝つことにこだわった結果だったのかもしれませんが、本気のぶつかり合い観たかったなぁ。

話を戻して、プロ野球も時々観ますが、ルールだけは理解していても、球種やその他細かいところは分かりません。
(初めて牽制を観た時は、何やってるのかさっぱりでした)

なんだかどのスポーツに対しても知識と興味が浅くて、スポーツを観る眼がないんですね。
だから「好きなスポーツは?」と聴かれると困ってしまいます。浅く好きなだけなので「好き!」と言いづらい。

広く浅くというのも決して悪いわけではありませんし、ゴルフもテニスもラグビーも、ルールが分かったらもっとスポーツ観戦が楽しくなると思います。
人との話しのきっかけにもなりますしね。

でもどれか一つでもいいから、もう少し深いところまで掘り下げられたらと思います。

それでは、ごきげんよう。

広告を非表示にする