読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メリメロカロン

リアルで言えないならブログに書けばいいじゃない。内容ごちゃまぜブログ。

何を言うかじゃなくて、誰が言うかが大切だったんだ。

やらかした。

f:id:charon-bebe:20170417194143j:plain

ぱくたそ様より拝借

まだ義務教育を受けていた頃、クラスの学級会で話し合いをしていました。
テーマはグループ化しているとかなんとか、ありがちな話です。
(よく考えたら大人の社会だってそうだし、グループ化なんて当たり前なのですが。)

で!そこで!学級会を白けさせてしまいました。
あろうことか、当時村人Bである自覚がなかった私は、学級会で発言をしてしまいました。
で、その場が思いっきり白けてました。
今こう書いていてももう恥ずかしい(;∀;)

周囲の人は
お前が言うなって思っていたと思います。
「は?」という言葉がピッタリです。
あの空気は忘れられない…。

クラスで人気のある、もっと影響力のある子が言えば、空気が違うものになったかもしれません。
対して存在感がなく、説得力がない私が何を言ったところで「痛いヤツ」と思われて終わりです。
例えその主張が正しかったとしても。

当時の私はそこに気が付かなかった。
KYです。KYKYKYKYKYKYKYKY!空気が読めませんでした。
スリッパで頭スパーーーーンとひっぱたきたい。

大人になってからやっとこさ気がついたことは、

人は案外人の言っていることは重視しておらず、誰が言っているか

を重視しているということです。

例えば小学生男子ウ○コ問題。
学校でウ○コをするのが恥ずかしくて、男子トイレも全て個室にする、という自治体もあるそうです。
クラスで人気のある明るい男の子が「ちょっとウ○コしてくるわ」と言えば、「あ、ウ○コしていいのか」という空気が出来上がるかもしれません。
クールだけどかっこ良くて人気の子はそれがどう出るか分からないけれど、村人Bタイプの子が言ってもまず「学校ウ○コ解禁」という空気にはならないでしょう。
(排泄をするのは人間として普通のことなので、我慢しないでして欲しいです。)

その他にも、ちょっとしたグループのなんでもない会話でも、影響力のある人とない人の発言では、受け入れられ度に差があると思います。
FacebookとかTwitterなどのSNSでも、その情報の発信者が誰なのかで信用度が変わってくるんじゃないかなー。

集団というのはそういうものなのだと思いますし、私自身も無意識にやっています。
ここをどうにかしたいと思ってもそんなのは無理ですので、
昔の私がやるべきだったことは、クラスという集団の中での自分の立ち位置をしっかりと把握し、
「今、私は発言しないほうがいいな」
「ここは黙っていよう」
という判断をすることでした。
もし誰かが建設的な意見を出してくれたら「それいいね」と相槌を打つ役割を担うのもありだったかもしれません。

なんでこんな当たり前のことに気が付かなかったのかなぁ。

でも、それでも、人の言っていることをしっかりと聴いて、言ってることが正しかったら「正しい」、面白かったら「面白い」とちゃんと判断出来るようにはなりたいです。
(発言と行動に一貫性がない人の場合は聞こえなかったフリしていいと思います。)

言い訳がましくなりますが、最後に村人Bが発言すること=悪いと言っているのではないということを主張しておきます。

それでは、ごきげんよう

広告を非表示にする